OKR がビジネスに役立つ 5 つの方法

0
20
ソース: www.wrike.com

「Objective and Key Results」の頭字語である OKR は、効果的な目標設定のフレームワークです。 OKR ツールが組織に実装されると、自動的に数え切れないほどのメリットがもたらされます。 そのため、Google、Adobe、Netflix、Spotify などの人気のある多国籍企業は、OKR ツールの実装に成功し、多大なメリットも繰り返しています。

間違いなく、強力な OKR ツールを実装することで、あらゆる組織に多くのメリットがもたらされます。 これには、ビジョンとミッションの草案作成、優先事項の発表、従業員の関与の促進が含まれます。

そのため、OKR ソフトウェアの実装をまだ決定していない場合は、OKR ソフトウェアがビジネスに役立ついくつかの方法を以下に示します。 ビジネスにもたらす無限のメリットを読んで、十分な情報に基づいた決定を早期に下すことができます。

OKRとは?

ソース: squeezegrowth.com

OKR は「目的と重要な結果」の頭字語です。 目標設定方法論は、組織の従業員が測定可能な目標を設定して追跡するのに役立ちます。

もともとあった ジョン・ドーアによって開拓された. チームが達成したい目標と、これまでの進捗状況を測定するために使用される主要な結果を組み合わせるフレームワークを提供します。 要するに、長期的な目標は、従業員の日常業務に結びついています。

OKR が組織にもたらす 5 つのメリット

1. チームの連携

ソース:unsplash.com

OKR ソフトウェアの主な利点は、組織の使命の達成に向けて、個人とチームの目標を連携させられることです。 ハーバード ビジネス スクールの調査によると、従業員が高度に一致している組織は、一致していない組織に比べて XNUMX 倍のパフォーマンスを発揮する傾向があります。

したがって、目標が設定されると、OKR の計画プロセスは日常のシナリオでの実行に移行します。 このために、マネージャーと従業員は、会社の幅広いビジョンを実現するために活動を調整します。 ここでは、このリンケージをアラインメントと呼びます。

全体的な配置は次のように機能します。

  • トップ マネージャーは、全社的な OKR を設定します。
  • それらに応じて、さまざまなチームまたは部門が、会社の戦略的使命を達成するために OKR を設定します。
  • さらに、チームの目標に応じて、個々の従業員が目標を設定します。

したがって、OKR は、すべての従業員が会社の使命を達成するために同じ方向に進むことを保証します。 ビジネスを拡大して素晴らしい結果を出したい場合は、次のようなプロの OKR コーチとつながることをお勧めします。 https://okrquickstart.com OKR をすぐに使い始めることができます。

2。 柔軟性

OKR は目標サイクルの短縮を促進します。 最終的に、チームは変化に適応し、調整することができます。 さらに、このような柔軟性により、リスクとリソースの浪費が軽減されます。

戦略 OKR が 1 年間に設定されている場合、戦術 OKR は四半期に設定されています。 指定された期間が終了すると、従業員は結果を分析し、必要に応じて戦略的 OKR を変更します。

3. 集中するチームメイト

ソース:unsplash.com

この方法論は、大きな絵をいくつかの小さなジグソーパズルに分解するという原則に基づいています。 ひとつひとつの作品の完成が、最終的に全体像の完成につながります。

OKR でさえ、週ごと、月ごと、または四半期ごとの目標など、いくつかの期間に分割できます。 このようにして、短くて少数の目標が従業員の目に留まることができます。 さらに、一度に短時間でより少ない目標を達成することに集中するのにも役立ちます。

繰り返しになりますが、OKR により、チームと個々の従業員は最も重要なことに最初に集中できます。 専門家は、チームまたは個人に対して約 2 ~ 4 個の目標のみを推奨し、同じものを 3 ~ 5 個以下の重要な結果と組み合わせます。

そのため、進行中の目標に無関係または関連するものは、次のサイクルのバックログに自由に移動できます。

4. 期待以上の達成への意欲

OKR ツールの実装により、チーム メンバーは、簡単に達成できると思われることを超えて考えるようになります。 優れた結果を達成するための創造的で革新的な方法を探すように彼らを駆り立てます。

実際のところ、目的の結果を達成するための成功率の平均スコアは 70 ~ 80% を超えることはありません。 あなたの頭をよぎる質問は、なぜそうなのかということです。 OKR フレームワークは、一般に「ムーンショット目標」として知られる、最も困難な目標の設定を促進します。 これらの目標は常に達成できるとは限らず、リーダーはこれを認識しています。 しかし、これらの OKR ツールは、従業員が既成概念にとらわれずに考え、最大の目標を達成するよう動機付けするように構成されています。

このように、OKR フレームワークは、従業員が革新的で創造的であるように動機付けます。 繰り返しますが、 ムーンショット目標、従業員は設定された目標を達成するために仕事をすることに非常に集中し続け、失敗の範囲をほとんど見ません。 従業員、チーム、マネージャー - すべてが協力して、会社全体のビジョンを達成します。

したがって、組織は、動揺することなく結果を理解し、受け入れることができるように、経験を積んで成熟している必要があります。 ただし、OKR の方法論に慣れていない組織は、常に設定された目標を達成できないことに最初はがっかりする可能性があります。

5. 透明性、自律性、説明責任を促進する

ソース:unsplash.com

ほとんどの企業の経営陣は、最前線で直面している問題の 4% しか知りません。 したがって、OKR ツールが実装されると、問題を解決するのに役立ちます。 無知の氷山.

OKR は、チーム メンバーに説明責任と自律性を提供します。 結果指向のフレームワークであるため、主な重点は最終結果にあります。 そのため、個々の従業員が独自の目標を設定できます。 ただし、これらの設定された目標は、チームおよび会社の目標と一致している必要があります。

また、専門家によると、OKR の約 60% はマネージャーだけではなく、従業員が設定する必要があります。 このように、従業員が強制ではなく自分で設定した目標に取り組むとき、従業員は目標を達成するためのコミットメントとモチベーションを維持します。

さらに、このアプローチは、設定された目標に対して、すべての従業員に個人的な説明責任を提供します。 さらに、調整は、プロセス全体が透過的である場合にのみ可能です。 個人が設定した目標の達成に向けて前進するとき、すべての従業員は、達成した成果と全体的なパフォーマンスに対して責任を負います。

OKR が組織に与えるメリットを考えると、OKR の方法論があまりにも優れていることは明らかです。 したがって、このような目標設定のフレームワークは、企業にとって必見です。

間違いなく、従業員はこのアプローチに夢中になるでしょう。 それでも、このフレームワークをすぐに適応させるのは簡単ではありません。 チームとして一緒にいるには多くの努力が必要です。 そのため、すぐに効果的に OKR を使い始めるには、プロの OKR コーチに相談するのがベスト プラクティスです。