EMSトレーニングとは何ですか? 筋肉電気刺激の包括的なガイド

EMS トレーニングとは - 筋肉の電気刺激に関する包括的なガイド
出典: healthnews.com

電気筋肉刺激トレーニング。 この形式の物理的トレーニングでは、電気インパルスを使用して筋肉を収縮させます。 ウェイトリフティングやランニングなどの従来の運動を行う必要がなく、筋肉を鍛えるトレーニングとして考えてください。

デバイスは筋肉に電気信号を送り、筋肉を動かすように脳が通常行う動作を模倣します。 人々はさまざまな目的でEMSを使用しています フィットネスの向上などの理由、体重を減らし、筋肉を回復します。

サイエンス

電気的筋肉刺激は電気インパルスに依存します。 通常、体を動かしたいとき、脳は神経系を通じて筋肉に信号を送ります。 EMS デバイスはこれを外部で行います。

刺激したい筋肉の近くの皮膚に電極を取り付けます。 次に、デバイスは電気インパルスを送信し、通常の運動と同様に筋肉を収縮および弛緩させます。 詳細については、以下をご覧ください。 EMSトレーニング ドバイ!

使い方

まずは専門の施設やジムに行きましょう。 インストラクターがスーツを着たり、体の一部に電極を取り付けたりするのを手伝ってくれます。 このスーツはEMSデバイスに接続します。 準備が完了すると、デバイスが電気信号を送信し、筋肉を収縮させます。

多くの場合、デバイスをオンにしているときにスクワットやランジなどの基本的なエクササイズを実行すると、刺激がない場合よりも筋肉がより激しく働きます。

潜在的な利点

EMS トレーニングにはいくつかの利点があります。

  • 時間節約: EMS は複数の筋肉群を同時に働かせることができるため、より短いトレーニングを行うことができます。
  • リハビリに効果的: 医師は怪我から回復中の患者に EMS を勧めることがよくあります。
  • 用途の広い:従来のエクササイズでは到達するのが難しい特定の筋肉群をターゲットにすることができます。
  • 他のトレーニングを補完できる: 多くのアスリートは、通常のトレーニング ルーチンに加えて EMS を使用しています。

リスクと注意事項

一般的には安全ですが、 いくつかのリスクがあります。 人によっては電極による皮膚の炎症を経験する場合があります。 筋肉の緊張を引き起こす可能性があるため、過度の使用を避けることも重要です。

ただし、心臓疾患やてんかんなどの特定の病状がある人は、この行為を避けるべきです。 新しい運動プログラムを開始する前に、必ず医療提供者に相談してください。

プロバイダーの選び方

プロバイダーの選び方
出典:today.com

EMSの経験豊富な認定トレーナーがいる場所を探してください。 施設が安全ガイドラインに従い、機器を清潔に保つようにしてください。 また、EMSトレーニングは通常のジムの会員権よりも高価になる可能性があるため、費用も考慮してください。

誰が恩恵を受けることができますか?

体力の向上に興味がある人なら誰でもEMSが役立つかもしれません。 アスリートは、スポーツに関連する特定の筋肉をターゲットにして、パフォーマンスを向上させるためにこれをよく使用します。

ジムで何時間も過ごすことができない忙しい人は、時間を節約できる点を高く評価するかもしれません。

EMS は、高齢者や特定の種類の怪我を負った人など、衝撃の少ない運動オプションを必要とする人にも役立ちます。

ただし、特に既存の健康状態がある人の場合は、新しいフィットネス計画を開始する前に医療専門家に相談することが不可欠です。

従来のトレーニングに代わるものですか?

答えはイエスでもありノーでもあります。 EMSトレーニングは短時間でしっかりとしたトレーニングを実現でき、翌日には必ずその効果を実感していただけます。

ただし、ランニング、水泳、重量挙げなどの従来の運動には、心臓血管の健康状態の改善やスキルベースの調整の強化など、EMS では完全には再現できない利点があります。

したがって、多くの人は、EMS と従来の運動方法の両方を含むバランスの取れたアプローチが最も効果的であると感じています。

どのくらいの頻度で受けるべきですか?

どのくらいの頻度でEMSトレーニングを受ける必要がありますか
出典:shape20.com.au

EMSトレーニングセッションの頻度は、個人の目標と身体の状態によって異なります。 一般的なフィットネスの場合、週に XNUMX ~ XNUMX 回行うと顕著な結果が得られます。

特定の筋肉群を強化したりパフォーマンスを向上させたいアスリートの場合は、より頻繁なセッションが必要になる場合があります。

ただし、やりすぎると筋肉の緊張や怪我を引き起こす可能性があります。 他の形式のエクササイズと同様に、セッションの間に回復のための時間を確保することが重要です。 認定された EMS トレーナーまたは医療提供者に相談すると、適切なスケジュールを決定するのに役立ちます。

費用対効果は高いですか?

EMS トレーニングは従来のジムの会員権よりも高価になる可能性があり、費用は施設やセッションの頻度によって大きく異なります。 しかし、多くの人は、時間の節約という側面とターゲットを絞った筋肉の働きを考えると、投資する価値があると感じています。

一部のプロバイダーは、複数のセッションのパッケージ取引を提供しており、より手頃な価格にすることができます。 コミットする前に、XNUMX つのセッションを試したり、トライアル オファーを利用して、それが自分に適しているかどうかを確認することは価値があるかもしれません。

開始する方法

EMS トレーニングを試してみたいと決めた場合、最初のステップは適切な施設またはプロバイダーを見つけることです。 高いレビューと安全ガイドラインに従った実績のある認定EMSトレーナーを探してください。

最初のセッションには、フィットネスの目標や抱えている可能性のある病状について話し合うためのカウンセリングが含まれる可能性があります。

このカウンセリングでは、服装、セッション中に期待できること、アフターケアの推奨事項など、プロセスに関する質問があれば必ず質問してください。

進捗状況を監視する

進捗状況を監視する
出典: keepfitkingdom.com

進捗状況を追跡することは、どのようなフィットネス計画においても重要であり、EMS トレーニングも例外ではありません。 多くの EMS プロバイダーは、お客様の状態を確認するためにさまざまな間隔で評価を提供しています。

これらには、筋肉量、体脂肪率の測定、または体力や持久力のテストが含まれる場合があります。

目標が体重減少、筋肉量の増加、または特定の領域の改善である場合、これらの評価は EMS セッションをより効果的に調整するのに役立ちます。 トレーニングが目標に沿ったものであることを確認するために、トレーナーとオープンなコミュニケーションを続けてください。

通説

新しいテクノロジーや健康とフィットネスへのアプローチと同様、多くの迷信や誤解が存在​​します。 よくある誤解の XNUMX つは、それが「怠惰な」運動方法であるというものですが、これは真実とは程遠いです。 EMS はワークアウトをより効率的にすることができますが、それでもユーザー側の努力と関与が必要です。

もう一つの誤解は、EMS トレーニングは苦痛であるということです。 筋肉が働いているのは確かに感じられ、その後多少の痛みを感じるかもしれませんが、プロセス自体は痛みを伴うものではありません。 そうであれば、それは設定が高すぎるか、EMS が適切ではない可能性があることを示しています。

要約

EMS トレーニングは、電気インパルスを使用して筋肉の収縮を刺激することで、体力づくりに独自のアプローチを提供します。 これは、多忙な専門家からアスリート、衝撃の少ないオプションを必要とする人々まで、さまざまな個人に利益をもたらす多用途のオプションです。

ただし、他の運動プログラムと同様に、適切な予防措置を講じ、医療提供者や認定トレーナーに相談することが重要です。

適切なアプローチをとれば、EMS トレーニングは体力を向上させるための効果的で時間を節約でき、やりがいのある方法となります。