草の種に水をやるのに最適な時期はいつですか – 2023 ヒントとコツ

0
86
Img ソース: agreenhand.com

芝生に新しい草の種を植えるために多大な努力を払った後、次のステップは何だと思いますか?

適切な散水スケジュールを作成することは、芝生に緑豊かで魅力的な感触を持たせたい場合に次に行う必要があることです。草の種に水をまくのは簡単なプロセスであり、より多くの投資をするだけの費用がかかることを知っておく必要があります。時間と集中力。

このレビューでは、草の種に水をやるのに最適な時期について説明しています.

草の種に水をやるのに最適な時期

Img ソース: golf.com

植えるために草の種を捨てる前に、水やりから始めることが非常に必要です。

自然が設計した方法は、種子が水分に反応することです。これが、健康な芝生と生産的な植え付けシーズンをもたらす発芽のために、草の種子に適切に水をまくことが重要であることを理解できる理由です.

草の種に水をやりたい場合は、次の手順を実行する必要があります。

  1. 草の種の植え付けを開始する数日前に、そのエリアにXNUMX〜XNUMXインチの深さまで水をまく必要があります。水の浸透の深さを測定するのは非常に簡単です. 地面に挿入する際には長いドライバーを使用できます。深さが XNUMX ~ XNUMX インチになったら、抵抗なく水をまく必要があります。 これにより、適切な水分飽和が得られます。
  2. 新しい草の種は、植え付けが終わった直後に約XNUMX〜XNUMX分間水をまく必要があります。これは、太陽の最初の数インチを湿らせるのに役立ちます. 播種エリアの水分を維持することは非常に重要であり、種子が十分に水を与えられていないと、種子が乾燥して最終的に死んでしまうことを念頭に置いておく必要があります.
  3. 草の種に水をやる回数は、特に種まき後に地域がさらされる降雨量に明確に依存します. あなたの地域が十分な量の降雨を得ていない場合は、新しい草の種に毎日少なくともXNUMX回水をまく必要があります。これは、土壌の上部が十分に湿るまで継続的に行う必要があります.

新しい草の種に水をまく

朝と夕方は、新しい草の種に水をやるのに最適な時期です。これは、朝と夕方が XNUMX 日の中で最も涼しい時期だからです。

これは、水が蒸発する代わりに地面に完全に吸収されるポイントであり、プロセスをより単純化するためだけにウォータータイマーを利用することもできます.

散水タイマーを使えば、手間をかけずに効率的かつ簡単に芝生に水をやることができます。

新しい草の種を植える場所によって、新しい草の種に水をやる方法が決まります。高品質の長方形のスプリンクラーを使用する場合は、非常に広い場所に水をまく必要があります。

新しい草の種を植えた非常に狭い場所に散水するには、小さなスポット スプリンクラーを使用する必要があります。 さらに、新しい草の種に水をまくのに費やす時間は、スプリンクラーの設定と土壌の状態にも左右されます.

一般的に言えば、芝生に毎日XNUMX分間水をまくだけで、土壌の上部に水が十分に行き渡り、これらの新しい草の種が繁栄して成長し始めると、水やりの頻度を減らして深くすることができます.

これにより、確立された草の根が土壌の奥深くに突き刺さります。私たちがあなたに残したいXNUMXつのヒントは、朝のセッションではより多くの水をまき、時間の経過とともに夜のセッションを減らす必要があるということです.

関連記事

暑い季節に芝生に水をやるのに最適な時期

スプリンクラーシステムで芝生に水をまく頻度

あなたの芝生でビロードの草を取り除く方法