瞑想がエッセイをより良く書くのにどのように役立つか

0
107
ソース:unsplash.com

言葉が流れなくなって、エッセイを書くのが難しくなったと感じたことはありませんか? ライターズブロックは、誰もが滞在したくない場所です。特に、取り組むべき課題がたくさんあり、締め切りがある場合はなおさらです。 それで、解決策は何ですか?

ええと、私の言葉を信じてください:オンラインでエッセイライターとして DoMyEssay、 私は障害を克服できなければなりません。 彼らが保証するすべての輝かしい解決策にもかかわらず、メンターが瞑想を勧めたある日まで、休憩したり音楽を聴いたりしても、スーパーパワーを取り戻すことはできませんでした.

瞑想の利点は何度も語られてきました。 アーティストは特に、この驚異的な活動に頼って、創造力を発揮します。 しかし、エッセイをより上手に書くこともできますか?

ここでは、この古くからある頭の体操を実践することで、ライターのブロックを取り除き、エッセイを効果的に書くことができました。

瞑想がより良いエッセイを書くのに役立つ6つの方法

あなたをよりマインドフルにします

マインドフルネスは心を落ち着かせ、創造性に不可欠な内外の環境をより意識させます。 瞑想すると、気を散らすものをすべて取り除き、今起こ​​っていることに集中することができます。 それはあなたが現在とのつながりを維持するのを助け、無にさまようのではなく、あなたがしていることにふけることを可能にします.

それがエッセイを書くこととどのように関係しているのか考えてみてください。 まあ、今を意識していないと、研究を具体化したり、そこから議論を導き出すことは難しいと思います。 マインドフルネスは、エッセイを書くときに行間を読み、アイデアをよりよく理解するのに役立ちます。

自分の考えをコントロールできる

さまよえる考えは、テレビ、モバイル、その他のものよりも大きな気晴らしです。 集中力、理解力、知性を高めるには、思考を整理して合理化する必要があります。

エッセイを書くとき、概念を深く理解し、点と点を結び、トピックについての考えを集中させることができます。 これにより、プロセスがより簡単になり、より効果的になります。 さらに、このような論理的なアプローチにより、私たちの専門家はサービスレビューを書く際に見栄えがします いいえCramming クライアントに完璧な紙を提供し続けるからです。

ですから、自分の考えを正しい方向に向けることができるということは、優れた文章を書きたいのであれば習得する価値のあるスキルです。

創造性を誘発

書くことは、どんな形であれ、創造的な追求です。 論文に取り組んでいるかもしれませんが、 日記を書く、またはブログをまとめる – これらすべてには創造性が必要です。

瞑想は、創造的な流れを増幅する実証済みの方法です。 また、自分自身を巧みに表現し、アイデアを逸話や物語に結び付けることができます。 すべてのアーティストは、この演習を利用して魔法を作品に取り入れています。

あなたを規律あるものにします

規律は変装した祝福です。 ほとんどの学生はそれを軽蔑しますが、規律があれば山を動かすことができます。 一部の著者は、毎日セッションの直後に自由な執筆にふけることを証明しています. それは彼らを適切な気分にさせ、創造性の流れを助けます. 一貫した瞑想から身につけた規律は、あなたをルーチンに導き、優れたエッセイを明確に表現するのに役立ちます.

ストレス管理を助ける

ストレスは、メンタルヘルスと学業の成長にとって特に危険です。 それは簡単に先延ばしにつながり、成績に影響を与える可能性があります。 最終的には、自己不信と非効率の穴に深く陥り、さらにストレスがたまる. 瞑想は、この終わりのないサイクルからあなたを解放し、気分を改善し、モチベーションを維持するのに役立ちます.

フォーカスを改善します

今では、瞑想の最終的なメリットが集中力の向上であることはすでに明らかです。 一人で静かに座って、注意を一点に向けようとすると、集中力を維持する力が得られます。

時間が経つにつれて、あなたはから離れることを学びます 否定的で不必要な考え、さまよう心をコントロールし、より長い時間、XNUMX つのことに注意を向けます。 強化された集中力により、エッセイをより速く書くことができます。

エッセイを書く前に瞑想を練習する方法

ソース:unsplash.com

それを実践するには、注意と意識を 5 つのポイント、思考、またはマントラに向ける必要があります。 XNUMX 日 XNUMX 分から始めて、都合に応じて継続時間を延ばすことができます。 あなたは毎日それをしなければなりません。

瞑想には複数の方法があります。 あなたの究極の目標は、すべての感覚を刺激し、混沌と騒音からしばらく離れることです。

  • すべてはマインドフルな呼吸から始まります。 騒音から離れた場所に静かに座って、呼吸を観察する必要があります。 息を吸ったり吐いたりしていることに注意を向けてください。 最初は奇妙に聞こえるかもしれませんが、実際には奇妙な満足感があります。
  • もう XNUMX つの方法は、周囲の何かに焦点を合わせて観察することです。 鳥のさえずりを聞いたり、そよ風を感じたり、香りを嗅いだり、ずっと目を閉じていても構いません。
  • 同様に、必要に応じて、ろうそくの炎、物体、または点を見ることもできます。 十分に見終わったら、目を閉じて額に焦点を合わせます。 暗闇の中で画像を視覚化する可能性があります。 このビジュアルをできるだけ長く見えるようにしてください。
  • 上記のすべての方法が難しいと思われる場合は、YouTube のガイド付き瞑想に耳を傾けてください。 思考を解放して集中力を高めながら、リラックスできる音楽を流すこともできます。

エッセイを書く前に瞑想を練習する方法については、私の好みの方法を次に示します。

  • 私は仕事場から離れた静かな部屋に座っています。
  • 明かりを消してろうそくを灯します。
  • アロマディフューザーのスイッチを入れて リラックスできる音楽を再生する.
  • それから、遠くからまばたきをしないようにしながら、炎をじっと見つめます。
  • その後、私は目を閉じて、主に炎からの赤い点を示す私の心の目に焦点を合わせます.
  • 私はこれを10分間練習し、すぐに紙にペンを置きます.
  • 私は自分の考えを流して、約15分間日記をつけます。
  • それからエッセイを書きます。

最終的な考え

毎日の瞑想は、生産性を高め、学業だけでなく人生全体においても、他の人より優位に立つことができます。 成功か失敗かではありません。 それを実践することで得られる心の平和と落ち着きは、困難な課題に直面し、問題解決を最大限に活用するのに十分な強さをもたらします. この記事は、LinkXSEO チームと共同で作成されました。