有機食品を食べることは、その後の赤ちゃんにどのように影響しますか

0
92
ソース:unsplash.com

近年、オーガニック食品の需要が高まっています。 いくつかの理由から、人々は有機栽培の野菜や果物を購入することに関心を示しています。 たとえば、有機食品は安全で新鮮で、農薬が比較的含まれていません。

それに加えて、両親は赤ちゃんのための有機食品について疑問に思い始めています. 有機食品は複数の専門家によって安全で健康的であると考えられているため、親は赤ちゃんにも安全かどうかを考えています。 この記事では、有機食品が赤ちゃんに与える影響について見ていきます。

有機食品についての簡単な情報

化学薬品を使用せずに生成、調理、ろ過された食品が有機食品です。 これは、有機食品の生産において化学農薬、肥料、防腐剤の使用が許可されていないことを示しています。 その結果、多くの人々がその利点についてもっと知りたいと思っているため、オーガニック食品の人気が高まっています. 専門的な マイオーガニックカンパニー ストアとその専門チームは、ゴールデンスタンダードのオーガニックベビーフードのすべての利点について学ぶのに役立ちます.

有機食品は通常の食品よりも健康的であると信じている人が何人かいます。 必要に応じて、訪問できます Organicsbestshop.com オーガニックのベビーフードを買うために。 そこでは、認定され、甘味料が添加されておらず、GMOフリーのオーガニックベビーフードを見つけることができます.

有機ベビーフードを与えることが推奨される理由

ソース: greenmatters.com

理論的には、有機ベビーフードは、農薬、化学物質、防腐剤への子供の最初の暴露を阻止するための優れた代替品であるように思われます. しかし、専門家は、有機食品が子供の免疫力の発達に与える真の影響を検証するには、まだかなりの研究が必要であると考えています.

何人かの健康専門家は、有機ベビーフードが非有機ベビーフードよりも安全な選択肢であると考えています. 多くの健康専門家は、食品中の化学物質、殺虫剤、およびその他の汚染物質への赤ちゃんの早期曝露を制限することが、堅牢な免疫システムの発達に役立つと考えています.

子供が殺虫剤を多く含む食品にさらされると、赤ちゃんは神経発達障害の可能性を含むさまざまな健康被害に苦しむ可能性があります. 子供の発達の敏感で重要な段階で、比較的有害な化学物質への曝露を制限することは、後の人生に確実に役立ちます.

それに加えて、有機食品の製造および栽培技術は環境に有利です。 また、食品と清潔さの環境に優しいコンセプトに従います。 労働生産手順が高いため、有機ベビーフードは通常のまたは非有機ベビーフードよりも高価に見えるかもしれません.

ただし、有機食品は、子供の発達と成長の最も脆弱な段階で、有害物質への赤ちゃんの曝露を大幅に最小限に抑えることができることに注意してください. それに加えて、食品を選択する際に注意を払い、認定された有機ラベルを持っていることを確認することも重要です.

世界 米国農務省 「認定オーガニックラベル」が付いた製品を購入することをお勧めします。 それは、「自然」や「放し飼い」などのフレーズを含むラベルが 100% 有機食品ではない可能性があるためです。 国の食品規制当局である FSSAI は、有機食品と非有機食品を区別するための厳しい基準と法律も作成しました。

FSSAI は、有機食品は化学肥料や農薬を使用しない農業システムの下で繁栄すると述べています。 それに加えて、有機食品も有機的に生成された原材料から作られています。 さらに、規制草案では、有機食品の表示が食品の有機状態に関する広範かつ有効なデータを提供することが義務付けられていることにも注意してください。

オーガニックベビーフードを使用することの8つの利点

赤ちゃんにオーガニック食品を選ぶメリットは次のとおりです。

1. 化学物質への曝露は制限されています

ソース: 両親.com

オーガニックの幼児食は、化学物質にさらされていないため安全な選択肢です。 化学物質に含まれる毒素は、成長率、脳の発達、健康全般に影響を与える健康問題など、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。

2. 有機食品に含まれる除草剤や殺虫剤が少ない

乳児の免疫システムはまだ発達段階にあるため、遺伝子組み換え栄養に含まれる毒素の影響を受けやすくなっています。 非有機食品は乳児の健康に重大なリスクをもたらします。 赤ちゃんは体が軽くて小さいため、大人よりも汚染物質にさらされる可能性が高くなります。

3. 身体的健康の改善

ソース:unsplash.com

栄養研究の報告によると、完全にオーガニックの乳製品を食べたXNUMX歳の子供は、湿疹や喘鳴の発生が少なかった. 何人かの子供が喘息と診断されているため、喘息はますます重要になっています。

4.メンタルヘルスの改善

栄養と病気の間には直接的な関係があるため、オーガニックのベビーフードを食べると、うつ病、ADD、および 子供の集中力の問題.

5. 有機食品は常に旬で新鮮

ソース: www.motherandbaby.com

新鮮ではないいくつかのスーパーマーケットで販売されているパッケージ商品には、防腐剤の量が多い. 防腐剤は、多動などの子供の健康問題に関連しています。 新鮮な有機食品には、重要な栄養素がより高い濃度で含まれており、赤ちゃんに適切な栄養を与えます.

6.環境にやさしい

化学物質は、非有機食品に振りかけられます。 これらの化学物質は、植物や葉に残るはずです。 しかし、豪雨の際には、ある程度の化学物質が洗い流され、周囲の土壌や地下水に入り込みます。 その結果、野生生物に脅威をもたらします。

7. 有機食品は味が良い

ソース: babybio.fr

健康上の利点はさておき、有機食品は確かに味が良い. そのため、子供たちはかなりの量の食べ物を食べる可能性があります。

8.オーガニック食品にはGMOが含まれていません

食物の大部分は体内で変換されて臓器や組織を発達させ、成長する体のパターンと機能に直接影響を与えます. 汚染された食べ物を自分の子供に食べさせたいと思う親はいません。 赤ちゃんの免疫システム 弱くなることがあります。

ボトムライン:

有機食品は、赤ちゃんを含め、一般的に安全であると言えます. それに加えて、有機食品を食べることは、後の人生で赤ちゃんに良い影響を与えます. 肯定的な効果を指摘するのに十分な研究はありませんが、専門家は有機食品がいくつかの点で子供の成長を助けることができると言います.