初心者向けサーフィン ガイド: すべての新しいサーファーが知っておくべきことは?

0
15
ソース:unsplash.com

サーフィンは簡単なウォータースポーツではありません。 この活動を学び、実践して完璧になるには、十分な時間がかかります。 初心者として、多くのことを処理する必要があります。 プロと一緒に練習できるかどうか疑問に思っている場合は、そのようなことを考えるのをやめてください。

初心者がこのアクティビティに参加する前に知っておくべき特定のルールがあります。 適切な機器の選択から正しく安全なサーフィンまで、すべてを知っておく必要があります。 次の記事では、すべての初心者が知っておくべきサーフィンの初心者向けガイドについて説明します。 規律を維持し、サーフィンを学ぶためのスキルに取り組むことが必要です。

このアクティビティを学習中に経験するさまざまな課題に備えておく必要があります。 適切な知識と経験は、サーフィンのための適切な機器とトレーニングを取得するのに役立ちます. ゆっくりと、このアクティビティを簡単に学び、プロになることができます。

1.初心者のルール

ソース:unsplash.com

初心者として、次のルールを知っておく必要があります。

  • このアクティビティを学び始めた人は、初心者向けのスポットで行う必要があります。
  • ドレスアップしてボードを海岸に持っていく前に、サーフィンを数分間見ることをお勧めします。 プロがどのように海の波に乗っているかを理解する必要があります。 誰かを監視することで、いくつかのテクニックを簡単に学ぶことができます。 サーフィン活動を理解するには、同じ方法を適用する必要があります。
  • あなたは常に誰に対しても敬意を払わなければなりません。 専門家や地元の人に会う場合は、礼儀正しく敬意を払う必要があります。 練習中は、人の道を横切ってはいけません。 活動を実践している間は、辛抱強く待ってください。
  • あなたがそれに足を踏み入れる前に、サーフィンのルールを理解することが必要です. 専門家は、初心者として従わなければならない特定の規則と指示を提供します。 規律ある人はどんな活動もすぐに習得できます。 サーファーの基本的なマナーを知り、それに従う必要があります。
  • パドリング中は、常にプロから離れていなければなりません。 他の人が何らかの方法でパドリングしている場合は、その人を横切らないでください。 それはあなたを安全に保ち、後のタスクのためにエネルギーを節約することができます. 波が近づいてくるのを見つけたら、必ず反対方向にパドルし、ボードをホールドしたままにしてください。

2. サーフィンの場所を知る

サーフィンの学習プロセスを楽しみたい人は、このアクティビティを行うのに適した場所を選択する必要があります. ボードに乗りながら波を扱いやすい初心者向けのスポットが必ずあります。 深海に入る前に、浅場で練習をしてください。

波の方向と対処方法を理解する必要があります。 最初は多くの課題に直面するかもしれませんが、常にそれらに備える必要があります。 これらの場所では、誰もあなたの邪魔をすることはありません。 自由に海を探索し、ガイドと一緒に最高のサーフィン体験をしてください。

3. 適切なボードの選択

ソース:unsplash.com

多くの初心者は、サーフィンのために購入するボードに注意を払っていません。 しかし、それは非常に重要であり、良好な状態で正しいサイズで購入する必要があります. 最大の間違いは、小さいサイズのボードを選ぶことです。 多くの初心者は、高価なボードが良質であると考えています。 しかし、長さとボリュームのないボードは使用できません。

サーフィン ボードを選択する際には、専門家のアドバイスを得る必要があります。 安定感があって乗りやすい。 サーフィンのプロセスを学びながら、どのボードでもこのアクティビティを簡単に行うことができます。 ただし、最初は常に選択に注意する必要があります。 あなたはできる このサイトを訪問 サーフボードを買いに。

4.重要装備

サーフィン中は身を守るために重要なギアを購入する必要があります。 しかし、このアクティビティのユニークで美しい点は、小さなギアを保持することです。 あなたが必要とする本質的なものは水着です 日焼けから体を守ります.

海の波に乗って快適に移動できます。 その後、ボードと同じ長さのリードが必要です。 もう XNUMX つ購入しなければならないものがあります。つまり、ワックスです。 滑り止めに役立ちます。 ライディング中は、ボード上のスタンディング エリアをワックスで覆う必要があります。

5. トレーニングを受ける

ソース:unsplash.com

サーフィンは複雑なウォーター スポーツであるため、完全なトレーニングを行うのは簡単なことではありません。 最初のセッションでは、体が痛むことがあります。 ひどい場合には、痛みを伴うこともあります。 パドリングには筋肉が必要なため、サーファーは体力が必要です。 サーフィンを手伝ってくれるプロのトレーナーを雇う必要があります。

トレーナーが教えるすべてのライディングテクニックを理解する必要があります。 パドリング中、多くの問題に遭遇する可能性があり、それらに対処する方法を決定する必要があります。 優れたトレーナーは、テクニックを教えてくれたり、課題について知らせたり、体を温めたり、サーフィンに必要なトレーニングを提供したりします。 初心者として、トレーナーに従って、取得する必要があります サーフィンのトレーニング.

6.定期的なエクササイズをする

サーフィンをするには、体力があり、筋肉が強い必要があります。 筋肉を強化し、パフォーマンスを向上させるには、定期的な運動を行う必要があります。 パドリングに行くところはどこでも、する必要があります ウォームアップ演習.

この活動には多くのスタミナが必要ですが、これは毎日運動する場合にのみ可能です。 トレーナーは、筋肉を強化するために必要なすべてのエクササイズを知るのに役立ちます。 しかし、エクササイズを行う日をスキップするべきではありません。

最終的な考え

すべての初心者は、サーフィンを学ぶ前にガイドに従う必要があります。 プロと競うのは難しいので、初心者としていくつかのルールに従う必要があります。 落ち着いてスキルを習得する必要があります。 サーフィンが完璧になるには、かなりの時間がかかるかもしれません。

トレーニングに一貫性を保つために、十分に献身的に取り組む必要があります。 ガイドを検討した後、このウォーターアクティビティを行う際の規制と安全に関しては、常に注意を払う必要があります。