処方薬の費用を節約する方法は次のとおりです

ソース:pexels.com

医者の診察室に行くとき、私たちは支払わなければならない全体的な費用について恐怖でいっぱいになります。 処方薬の値段がわからないまま医師から処方箋をもらうと、不安を感じる人もいます。 コストを常に気にしていると、完全に改善するのは難しいかもしれません。

ありがたいことに、処方薬の費用を節約できる方法があり、あなたはこれを助けるためにまさに適切なページをクリックしました。 このページでは、割引、クーポン、ジェネリック医薬品、まとめ買い、補助プログラムの申請などを利用して薬代を節約する方法について説明します。 さらに詳しく知りたい場合は、読み続けてください。

割引やクーポンを利用する

ソース: kiplinger.com

現在では、より手頃な価格で医薬品をオンラインで安全に購入できるようになりました。 簡単なクリックだけで処方薬を注文できます。 ショッピング サイトが FDA の承認を受けているかどうかを確認してください。

さらに、実店舗の薬局で処方箋を受け取りたい場合は、オンラインで提供される割引やクーポンを利用することもできます。 チェックアウト Buzzrx.com 医薬品の割引やクーポンを入手できるかどうかを確認してください。 全国の 80 以上の薬局で薬を最大 60,000% 割引で購入できます。

ジェネリック医薬品に切り替えてみる

出典: 激ファーマ.com

ジェネリック医薬品に切り替えればさらに節約できるかもしれません。 ブランド薬や FDA承認のジェネリック医薬品 通常は同一です。 ただし、わずかな違いが一部の患者に影響を与える可能性があります。 FDA 承認の遺伝子検査により、XNUMX つの薬剤が生物学的に同等であることが確認されます。 これは、有効成分が同じである必要があり、薬が同じ速度と量で血流に放出されることを意味します。

これらの薬の違いはどこですか? ジェネリック医薬品とブランド医薬品では、コーティング、香料、充填剤などの不活性成分が異なります。 心配しないで; FDA は、これらの成分が安全に摂取できることの証明を要求しています。

ただし、すぐにジェネリック医薬品に切り替える前に、医師に相談する必要があります。 ジェネリックブランドにアレルギー反応を引き起こす可能性のある不活性成分が含まれているかどうかを尋ねてください。 ジェネリック医薬品の投与量が自分の症状に合うかどうかを判断することも重要です。 これらは医療提供者のみが尋ねることができる質問であるため、決定を下す前に相談することが役に立ちます。

さらに、ジェネリック医薬品の現金価格だけでも、さらにお金を節約できます。 ただし、ブランド医薬品には通常、割引、クーポン、支援プログラムが提供されているため、ブランド医薬品の場合はさらに割引を受けることができます。 ただし、お住まいの国にクーポンや支援プログラムがない場合は、ジェネリック医薬品に切り替えることが優れた代替手段となります。 この方法でもまだお金を節約できます。

まとめ買い

ソース: ncsl.org

あなたの症状に応じて、通常は 30 週間分の薬、90 日分の薬、または生涯分の薬を処方する医師もいるかもしれません。 費用を節約するために、医師または薬剤師に XNUMX 日分 (またはそれ以上) の薬を処方して販売できるかどうか問い合わせることをお勧めします。 薬の供給.

これは、生涯にわたって服用する必要がある維持薬を服用している場合に特に重要です。 定期的かつ一年中処方されている場合は、まとめ買いするとコストを節約できます。 さらに、ほとんどの保険プランでは、一度に 90 日分の定期薬を購入できる通販薬局オプションを提供しています。

アヘン剤や強力な鎮痛剤など、依存性がある可能性があるため、大量購入が許可されていない薬があることを知っておく必要があります。 また、これらの薬は、体が薬に対する耐性を覚える可能性があるため、特定の用量を長期間維持することを望まないため、医師による再調整が必要になることがよくあります。

もちろん、費用を節約するために処方薬をまとめて購入できるかどうか、保険会社や医師に問い合わせることもできます。

自己負担補助プログラムを検討する

出典: statnews.com

薬局にいるときは、薬剤師とチャットして次のことを尋ねてください。 自己負担補助プログラム。 このような種類の支援プログラムを紹介するときに非常に役立ちます。

ただし、薬剤師が助けてくれない場合、または尋ねたくない場合は、簡単な Google 検索を実行して、購入する必要がある薬に関する多数の情報を見つけることができます。 あなたの薬に自己負担金補助プログラムがあるかどうかをインターネットで検索するだけです。

ブランド薬を使い続けることを選択した場合、別の選択肢があることを知ってうれしいでしょう。 ブランド医薬品には、保険会社とシームレスに連携できる自己負担補助プログラムが多数あります。 メディケアなどの既知のウェブサイトをチェックして、支援を受ける資格があるかどうかを確認してください。

新しい保険プランを探す

出典: bfsi.eletsonline.com

最後に、本当にお金を節約する必要がある極端な場合には、処方箋に対応する新しい保険プランやプロバイダーを見つけることを検討することもできます。 このリストにある他の項目よりもはるかに手間がかかりますが、長期的には薬代を節約できます。

保険プランでは医薬品の補償範囲が毎年変更される可能性があることを知っておく必要があります。 したがって、消費者として、自分のお金に見合った最適なプランや保険が得られるかどうかを確認し、確実に得られるようにするのはあなたの責任です。

切り替える前に、まず調査を行ってください。 これらの薬を服用している間にプランを変更すると補償範囲にギャップが生じるかどうかを確認してください。 より良い結果と正確な回答を得るには、現在の医療提供者に連絡して、協力してもらえるかどうか、処方箋費用をカバーするためにどのようなプランを提供できるか提案があるかどうかを確認するのが最善です。

幸いなことに、ほとんどの保険会社は、あなたの薬に最適な選択肢を見つけるために使用できるオンライン サービスと価格検索ツールを提供しています。

最終的な考え

医薬品のコストは、長年にわたって一部の消費者の不満と経済的負担を引き起こしてきました。 支援プログラム、割引、犠牲(ジェネリック ブランドへの切り替えなど)がなければ、特に消費者が長期間服用しなければならない場合、これらの処方薬の額面は壊滅的なものになる可能性があります。

ありがたいことに、お金を節約するためにできることがいくつかあります。 これらの薬を額面通りで購入できる資金がある場合でも、可能な限りコストを削減するよう常に努めるべきです。 お金を使えるので、他の重要な目的のために節約できます。