ブラッド・ネイラー対フィニッシュ・ネイラー 2022 ガイド – 違いを見分ける方法

0
3

基本的に同じ外観を共有し、サイズもほぼ同じであるため、ブラッド釘打機と仕上げ釘打機の違いは何なのか疑問に思われることでしょう。

彼らはまた、小さなサイズの爪を使用する傾向があり、これらすべてが人々に彼らの違いが実際には何なのか疑問に思っています. ただし、これらの質問に対する答えは、さまざまな意見や説明を通じて得ることができ、物事を解決するのに役立ついくつかの例もあります.

これらの説明は、次のプロジェクトに最適なツールについて正しい決定を下すのにも役立ちます。

興味深い読み物木材をまっすぐに切るのに最適なのこぎり

ブラッド・ネイラー vs フィニッシュ・ネイラー

ブラッドネイラーとフィニッシュネイラーをいつ使用するか

ブラッドネイラーを見ただけで、ブラッドネイラーはフィニッシュネイラーに比べてかなり小さいことがわかりますので、サイズで言えば、XNUMXつのツールの違いを区別することができます.

サイズが小さいブラッドネイラーは、フィニッシュネイラーと同じ保持力がありません。これは、技術的には、釘を使用しないためです. ブラッドネイラーはブラッドと呼ばれ、軽量トリムに取り付けることができる薄いゲージの釘を使用します.

ブラッドネイラーがフィニッシュネイラーよりも優れている主な利点は、ヘッドが非常に小さい薄いゲージのブラッドが付属しているため、ユーザーは穴を覆うために木製のパテを使用する必要がないことです.

ウッドパテを使うのが苦手な人もいますが、フィニッシュネイラーを使用すると、ゲージの大きい釘では木材が割れたり、取り付け中にトリムが壊れたりする可能性があります.

トレンディな投稿ジョインターとプレーナー、これらのツールのどれが必要ですか

フィニッシュネイラーとブラッドネイラーをいつ使用するか

私の意見では、フィニッシュネイラーはブラッドネイラーに比べて用途が広いですが、フィニッシュネイラーは薄いトリムピースやデリケートな木材で作業する場合、パフォーマンスが低下する可能性があります. したがって、知識に基づいた決定を下す際は、取り組む予定のプロジェクトに基づいて行う必要があります。

フィニッシュネイラーはブラッドネイラーに比べて保持力が高く、キャビネット、ワイドクラウンモールディング、ベースボードなどの大きなトリムを取り付ける場合、ブラッドネイラーには必要な保持力がなく、フィニッシュネイラーを使用しないと失敗する可能性があります.壁から落ちる木。

クラウン モールディングやベースボードを取り付ける場合は、壁に直接取り付ける必要があります。ここでは、ブラッド ネイラーではなく、フィニッシュ ネイラーを使用することもできます。 フィニッシュ釘打機は、特に適切な測定値を取得するときにスタッドをさらに数回打つと、より強力なアタッチメントを提供します.

仕上げ釘打ち機のヘッドの直径は、常にブラッド釘打ち機よりも大きく、ブラッド釘打ち機はよく偽装された穴を提供する傾向がありますが、かなりの量の木材を保持することもできません.

空気圧ブラッド釘打機対仕上げ釘打機

空気式釘打機の場合、空気圧縮機を使用して圧縮空気を使用します。空気圧縮機が接続されている限り、釘を森に打ち込むのに役立つ力が減少することはありません。

空気圧釘打機はモバイルツールとも呼ばれ、コンプレッサーが十分に充電されている限り、コンプレッサーとネイルガンを電源のない場所に持ち込むことができます. さらに、空気式釘打機は、コードレス釘打機と比較して手頃な価格のオプションです。 また、タイヤのブローや充填などの他の機能にも空気式釘打機を使用できます。

関連のポストランプシェッドを構築する方法