デジタル アクセシビリティが企業にとってこれまで以上に重要になっている理由

ビジネスにとってのデジタル アクセシビリティの重要性
出典: codegearthemes.com

デジタルテクノロジーの台頭により、企業は競争力を維持するためにデジタルツールにますます依存するようになりました。 ただし、このプロセスで忘れられがちな基本的な側面は、デジタル アクセシビリティです。 デジタルアクセシビリティとは、 運動器疾患や視覚障害などの障害や代替能力を持つ人々を含めたテクノロジーとインターフェースの構築。 デジタル アクセシビリティは、ビジネスの成長と適応にどのように役立つかという点で見落とされてはなりません。

結局のところ、障害のある顧客は人口の 10% 近くを占めており、彼らの購買力にアクセスできることは、競合他社に先んじたいと考えている企業にとって非常に重要です。 このブログ投稿では、アクセシブルなソリューションへの投資が、倫理的な観点から単に優れた実践であるだけでなく、ユーザー エンゲージメントの向上と収益向上の道を開くことができる実践的な方法である理由について説明します。

デジタル アクセシビリティの概要

デジタル アクセシビリティの概要
出典: cxm.co.uk

デジタル化が進む世界で、 誰もがオンライン リソースにアクセスして使用できます はこれまで以上に重要です。 だからこそ、デジタル アクセシビリティはあらゆる規模の企業にとって大きな話題となっています。 すべてのユーザーがアクセスできる Web サイト、アプリ、その他のデジタル コンテンツを設計することで、企業は法的要件を遵守できるだけでなく、顧客エンゲージメントを向上させ、ロイヤルティを構築することができます。

これは、障害のある人や支援技術を使用している人がデジタル製品を簡単に操作して使用できるようにし、問題が発生している可能性のあるユーザーに代替手段を提供することを意味します。 つまり、デジタル アクセシビリティは単なる法的要件ではありません。 それは良いビジネス習慣です。 顧客エンゲージメントが高まるだけでなく、収益増加の可能性も広がります。

また、デジタル製品に確実にアクセスできるようにするという道徳的義務もあります。 能力や障害に関係なく、誰もが同じオンライン リソースにアクセスできる必要があり、企業はすべての人に同様のユーザー エクスペリエンスを提供するよう努めるべきです。

これはあなたのルーティーンで、 障害のある人向けにデジタル製品を最適化する そして、それらが支援技術とともに効果的に使用できるようにすることです。 また、アクセシビリティ機能を強調し、必要な人が利用できるように誰もがそれを認識できるようにすることも意味します。 これには、画像の代替テキストの提供、キーボードやスクリーン リーダーで簡単に操作できるインターフェイスの設計、ビデオ音声トランスクリプトの提供などが含まれます。

Web サイト、モバイル アプリ、その他のデジタル製品を誰もがアクセスできるようにするメリット

障害のある人向けのデジタル製品
出典:bloomberg.com

今日のペースの速いデジタル世界では、アクセシビリティが不可欠です。 ウェブサイト、モバイルアプリ、その他のデジタル製品に誰もがアクセスできるようになると、障害のある人だけでなく、すべての人に利益がもたらされます。 たとえば、Web サイトがアクセス可能であれば、ユーザーはサイト内をより簡単にナビゲートして、必要な情報をすばやく見つけることができます。

これにより、ユーザー エクスペリエンスが向上し、エンゲージメントが向上し、さらには売上の増加につながる可能性があります。 さらに、これらの製品を誰もが利用できるようにすることは、企業の包括性と多様性への取り組みを示し、顧客の信頼と忠誠心を築くことができます。 デジタル アクセシビリティの潜在的な影響は膨大であり、すべてのユーザーのユーザー エクスペリエンスを優先することで、企業はさまざまなメリットを得ることができます。 もちろん、デジタル アクセシビリティは、一度限りの取り組みではなく、継続的な取り組みとして見なされるべきです。

デジタル アクセシビリティのもう XNUMX つの利点は、アクセシブルな Web サイトの作成と維持にかかるコストの削減です。 企業は高価なカスタム開発に投資したくなるかもしれませんが、より費用対効果の高いソリューションを検討する必要があります。

W3C などの標準とガイドラインを活用することにより、 Webコンテンツのアクセシビリティガイドライン (WCAG) を活用することで、企業は自社のデジタル リソースにアクセスでき、法律に準拠していることを確認できます。 さらに、多くの企業が自動アクセシビリティ テスト ツールを導入し始めており、デジタル製品にアクセシビリティの問題がないかを迅速かつ簡単にチェックできます。

Web サイトがすべてのユーザー向けに設計されていることを確認する方法

今日のデジタル時代では、すべてのユーザーが Web サイトにアクセスできることがこれまで以上に重要になっています。 ウェブサイトは、障害のある人を包括的に設計する必要があります。 Web サイトにアクセスできるようにするための実際的な手順には、Web サイトのレイアウトが明確でわかりやすいこと、適切な色のコントラストの使用、すべての画像に代替テキストの提供、Web サイトが支援技術と互換性があることの確認などが含まれます。 すべてのユーザーのニーズを優先することで、より快適で価値のあるオンライン エクスペリエンスを作成できます。

幸いなことに、次のようなサイト トップ5アクセシビリティ.com 企業が自社の Web サイト、製品、その他のデジタル コンテンツを誰でもアクセスできるようにするために導入できる、さまざまなアクセシビリティ ツールのレビューを提供します。 これにより、企業は必要な適切なツールをすぐに見つけて、すぐに適用できるようになります。 ウェブサイトはビジネスを外向きに表現するものであるため、すべての訪問者が歓迎されていると感じ、必要な情報にアクセスできるようにすることが重要です。

製品やサービスをよりアクセスしやすくした企業の例

製品やサービスをよりアクセスしやすくした企業
出典:economictimes.indiatimes.com

近年、企業が自社の製品やサービスをより多くの人が利用できるようにする傾向が高まっています。 好例の XNUMX つは、ソフトウェア製品のアクセシビリティ機能に多額の投資を行っている Microsoft です。 Microsoft は、内蔵スクリーン リーダーやハイ コントラスト モードなどの機能を組み込むことで、視覚障害を持つ何百万人もの人々が自社製品を簡単に使用できるようにしてきました。

アクセシビリティにおいて進歩を遂げているもう XNUMX つの企業は Uber で、聴覚障害や視覚障害のあるユーザーに特化したアプリを開発しました。 ライトの点滅や触覚フィードバックなどの機能により、Uber は誰でも交通サービスを利用できるようにしました。

製品やサービスをよりアクセスしやすくした企業のもう XNUMX つの例は、人気のフィットネス追跡アプリ Strava です。 このアプリには視覚障害のあるユーザー向けに音声キューが実装されており、画面を見る代わりに進行状況を聞くことができます。 このようにして、Strava は、あらゆる能力のユーザーがフィットネスの目標を達成できるよう支援します。

まとめ

デジタル アクセシビリティは、あらゆる規模の企業が優先すべき重要なツールです。 Web サイト、アプリ、その他のデジタル コンテンツに誰もがアクセスできるようにすることで、企業は法的要件を遵守し、顧客エンゲージメントを向上させ、ロイヤルティを構築することができます。

アクセシビリティに投資することで、企業はユーザー エンゲージメントの向上、収益の向上、全体的な顧客満足度の向上の可能性を広げることができます。 デジタル アクセシビリティは、一度限りの取り組みではなく、継続的な取り組みとして見なすべきであることを覚えておくことが重要です。 適切なリソースとツールがあれば、企業は製品やサービスを使用するすべての人が自社の製品やサービスにアクセスできるようになります。