テックメイキングジャンク除去は良いですか、悪いですか?

0
80
ソース:pexels.com

現代のテクノロジーは日常生活を楽にしてくれますが、欠点もあります。 今日では、がらくた除去サービスを含め、事実上何でもオンラインで予約できます。 しかし、テクノロジーによってジャンクの除去が容易になったのでしょうか、それとも実際にはより困難になったのでしょうか?

数回クリックするだけの便利さ

ソース:pexels.com

好きなものの購入と予約がこれまでになく簡単になりました。 新しい靴を購入したり、テーブルを予約したり、がらくたの撤去をスケジュールしたりするために、玄関先から片足を出す必要はありません。

昔は、がらくた除去の予約をするために個人的にオフィスに行き、正確な見積もりを残していました。 または、見積もりを問い合わせて収集日の予約をするために電話をかけるだけです。 ただし、最近では、Jiffy Junk などの Web サイトを介してジャンクの削除を直接スケジュールしたり、テキスト メッセージや電子メールを送信したり、ライブ チャットを利用したりできます。 郵便番号を入力して、都合の良い日を予約するだけです。 その上、どのくらいの費用がかかるかがすぐにわかり、自分でがらくたを処分する必要がないことは明らかです。

利便性って、本当に便利?

現代のテクノロジーが私たちの生活をどれだけ楽にしているかは驚くべきことです。 私たちの誰もが、もう指一本動かす必要はほとんどありません。 あらゆる種類のアプリやソフトウェアにアクセスして、予定や買い物リストをスケジュールしたり、好きな音楽や興味のあるビデオを判断したりできます。もう誰も計算する必要さえありません。電卓を持って、それを終わらせてください。

しかし、便利なだけに、私たちは現代のテクノロジーにますます依存するようになっています。 自分のあらゆる側面が自動化されればされるほど、自分で考える必要が少なくなります。 ペースの速い環境では確かにピークがありますが、50 年前には、すべてのアプリや特別なプログラムがなくても、誰もが問題ありませんでした。 一種のパーソナルアシスタントとして現代のテクノロジーに依存すればするほど、怠惰になり、自分で考えることは少なくなります。 自分で考えなければ考えるほど、脳細胞は怠惰になります。 あなたの脳は、あなたの体の他の筋肉と同じように訓練する必要がある筋肉のようなものです. 思考の糧を与えないと、知性が低下します。

コンピューターは「いいえ」と言います。

ソース: 移動.com

すべての新しいテクノロジーには、デバイスやプログラムが伝える内容に依存するだけでなく、確かにいくつかのマイナス面があります. 停電、ソフトウェアのバグ、さらにはハッキングが発生した場合はどうなりますか?

停電やインターネット障害のリスクは常にあります。 電源もインターネット接続もなければ、スケジュールを立てることはできません。 ほとんどの送電網は信頼できる基盤と www への接続で動作しますが、定期的に停電が発生します。 によると ジフィージャンク、ジャンク除去の予約をスケジュールした場合、送信されたデータは停電中に消える場合があります。 もちろん、ソフトウェアのバグについても考慮する必要があります。 ソフトウェアが本来の機能を果たさないことを、これまでの人生で何回経験しましたか? 予約ソフトウェアにバグがあると、見積書と予定されたコレクションが、www.

クリックすればするほど、あなたはより透明になります

さまざまなオンライン サービスを介してインターネット上で行うことはすべて、誰にでも追跡される可能性があります。 インターネット上で何をするにしても、誰もがデータの痕跡を残します。

インターネット上で行動すればするほど、自分自身に関するより多くのデータが開示されます。 つまり、あなたのプライバシーは常に危険にさらされています。 ほとんどすべてのオンライン サービスはデータを共有しないことを約束していますが、ハッカーなどの第三者によっていつでもアクセスされる可能性があります。 がらくた除去サービスはめったにありませんが、 ハッカーに襲われる、インターネット上のすべての Web ページがハッキングされる可能性があります。 迷惑メールの削除日が消去されるだけでなく、誰かがあなたのすべての個人データを手に入れる可能性があります。 また、一部のサービスが約束に反して連絡先データを販売し、あなたの番号に迷惑な勧誘電話がかかってくることもあります。

考慮されていない結果

ソース: takepart.com

現代のテクノロジーには、もう XNUMX つの大きな欠点があります。古いスマートフォン、タブレット、またはソーラー パネルをどうしますか? どんなデバイスを持っていても、役に立たなくなる日が来ます。

私たちの便利なデバイスは、はるかに早く時代遅れになり、新しいものと交換し続けています。 このように、時代遅れの技術を置き換える日は、私たちが誇らしげに新しいおもちゃと呼んだばかりのノベルティごとに、どんどん早くやってきます. デバイスはすぐに XNUMX セントも価値がなくなるため、再販業者にデバイスを販売する人はごくわずかです。 その結果、それらは壊れたもののように捨てられます。 もちろん、ジャンク除去サービスは、最新の電子機器を含め、あらゆるものを引き取って受け入れます. ただし、いずれも有毒物質を含んでいるため、分別して廃棄する必要があります。 有害廃棄物.

現代のテクノロジーが生活のあらゆる面で生活を楽にするのは驚くべきことですが、食べ物の入手から不要品の除去のスケジュール設定まで、考慮すべき欠点がかなりあります。 ペンと紙はどうしたの? 大企業でさえ、単純なコンピューターが登場する前に、何千人もの労働者のシフトをスケジュールすることができました。 全員が自分のポケット カレンダーを持ち、個人的に予定を立てていました。 冷たいデバイスを通して話すよりも、誰かと個人的に話し、自分のカレンダーにメモを残す方がずっといいと思いませんか? おそらく多くの紙くずを生み出したのでしょう。 ただし、紙は処分するのがはるかに簡単です。