アルコール回復中に専門家に尋ねるべき4つの質問

ソース:unsplash.com

アルコールに問題があることを認めたがる人はいません。 私たちは、飲酒をコントロールできず、軌道に乗るために助けが必要な立場にはなりたくありません. 回復プロセスで行うべき最も重要なことは、自分が依存していることと、それに対して何ができるかについて、自分自身に正直になることです。 回復プロセスを開始する最良の方法は、専門家に質問することです。これにより、依存症をよりよく理解することができます.

人生のこの重要な時期に専門家と会話する際の指針となる XNUMX つの質問を以下に示します。

1. どのくらいの期間治療が必要だと思いますか?
2. デトックス中に何が期待できますか?
3. ルーチンをやめても、治療は続けられますか?
4. このプロセスの後はどうなりますか?

それぞれについて詳しく説明しましょう。

1. アルコール治療にはどれくらいの時間がかかると思いますか?

ソース: healthline.com

この質問により、回復が必要以上に短くなることはありません。 また、治療が予想よりも長くなった場合、それは正しい理由によるものであり、飲酒を維持するために依存症に必要な完全なケアを受けていることを確認するのにも役立ちます. のような専門家 フォージの回復 センターはまた、治療がどのように機能するか、アルコール治療がどのようなものか、この方法があなたに適しているかどうかをあなたに伝えることができます.

2. アルコール デトックス中に何が期待できますか?

ソース: detoxplusuk.com

振戦、不安、抑うつ、過敏症、悪夢、頭痛、嘔吐、不眠症などのアルコール離脱症状は、アルコールへの渇望に対処しなければ十分に困難です. このステップにより、デトックスにはこのプロセスを支援するために必要なすべての薬が含まれているため、デトックス中またはデトックス後に、この物質離脱の不快または危険な副作用による再発のリスクがありません.

3. ルーチンをやめても、アルコール治療は続けられますか?

出典:medicalnewstoday.com

アルコール治療が有効であることは事実です。 しかし、回復はあなたの継続的な参加と関与によってのみ成功することも事実です. 自分自身と自分の依存症に責任を持つということは、自分が行っている行動、思考パターン、または欲求や再発の引き金となる感情に直接挑戦することを意味するかもしれません.

専門家は、回復に完全に参加するために必要なスキルを開発する方法についてしっかりした計画を立てるのを手伝ってくれるので、個人として効果的です. これらのタイプの治療プログラムには、通常、この分野を専門とする専門家が依存症を包括的に治療できる、個別のカウンセリング セッション、グループ セッション、またはコミュニティ サポート グループなどのサービスが用意されています。 ただし、最終的に成功するかどうかは、あなたがどれだけ喜んで仕事に取り組めるかにかかっています。 アルコール依存症者であるあなたがそのために必要なことを進んで行わない限り、単独の治療プログラムはあなたの依存症に効きません。 リハビリに成功し、飲酒を維持する.

4. アルコール治療後はどうなりますか?

出所: bhoperehab.com

治療が終わっても回復プロセスは終わりません。 これはライフスタイルの変化であり、治療が完了した後も作業が必要です。 専門家は、回復があなたの人生でどのように続くかについて計画を立てるのを手伝うことができます.

これには、コミュニティ リソース、サポート グループへの紹介、または依存症治療プログラムを成功裏に完了した人のために特別に設計された依存症治療を専門とする専門家とのフォローアップ カウンセリング セッションが含まれる場合があります。

これらの追加サービスは、治療後のこの移行期間を通じて、長期的な回復の可能性をさらに高めることができます. アルコールリハビリは、回復の日常生活を妨げてはなりません。 それはあなたを助けるはずです アルコール依存症を管理する 渇望は、アルコールフリーを維持することを容易にします。

専門家が提供する可能性のある戦略には、次のようなものがあります。

  • メンタルヘルスに気をつけてください。 多くの人は、メンタルヘルスがあまり良くないために飲んでいます。 回復しても不満やストレスが残る場合は、抗うつ薬や抗不安薬の服用について医師に相談してください。 あなたの精神的健康を改善する.
  • 二度とアルコールを飲まないでください。 治療後にもう一度チャンスを与えたくなるかもしれませんが、そうしないことが非常に重要です。 あなたの心はあなたにいたずらをするので、それを飲んでいる人もできるだけ避けるようにしてください. この記事では、なぜ再び飲んではいけないのかについて詳しく説明しています。
  • 回復中も活動を続けますが、その活動があなたを幸せにする場合に限ります。 あなたの体がアルコールとその禁断から回復している間、あなたにとって本当に良いいくつかの活動があります. これらの活動は、気分と自信を向上させるのに役立ちます。 これらの活動を行うと、回復が進んでいる間、より幸せに感じることができ、渇望もより早く消えます. 医師またはアルコール カウンセラーは、どのような活動があなたに最も適しているかを提案するのに役立ちます。
  • 一方、アルコールのないライフスタイルを続けることに本当に確信がない場合は、アルコールを思い出させるような活動をしたり、回復中に飲酒したりすることは避けてください. このように、アルコールや酔っ払いを思い出させるものは何もないので、継続的な罰ではなく休暇のように感じます.
  • 同じ治療を受けている人や、禁酒に取り組んでいる人たちと友達になりましょう。 渇望が非常に強いときは、そのように思えるかもしれませんが、あなたは一人ではありません。 お住まいの地域で回復支援グループやアルコールフリーのミートアップを見つけて、以前にも回復を経験した他の人々と話をしてください。

このタイプの依存症を治療しないと、アルコール関連の病気、アルコールの過剰摂取、さらには死に至る可能性があります. 中毒がうまく管理されていない場合、または治療が完了していない場合、再発が現実の (そして危険な) 可能性になります。 回復プロセス中に専門家と協力することで、全体的な健康計画の一環として、アルコールを無期限に禁酒することに成功する可能性が最も高くなります.