アカデミック エッセイ ライティング スキルを向上させるための 10 のヒント

0
7
ソース:pexels.com

エッセイを書くことは芸術です! これは、非常に高度な語彙を使用するだけにとどまらない芸術であり、辞書から可能な限り最も難しい単語を選び出し、それがあなたのエッセイを強く見せるのに役立つと考えています.

あなたのエッセイは、あなたの努力と研究を反映しており、学術目的のために合法的でクリーンな作品を提供するために、関連性があり簡潔で要点を絞った議論が含まれている必要があります. いくつかの簡単なガイドラインに従えば、誰でも教育記事の書き方を学ぶことができます。 エッセイの正しい書き方に従えば、締め切りが迫っていても価値のある説得力のある論文を作成できます。

良いエッセイとは?

エッセイを始めるための効果的な方法は数多くあります。 エデュセイ、しかし、すぐに主要なポイントを提示するのはごくわずかです。

1. トピックを理解する

ソース: www.bookshelf.com

良い議論は、トピックが十分に研究され、理解されている場合にのみ繰り返されます。 特定のトピックについて適切な調査を行い、説得力のあるシンプルな形式でそれらを書き留めた意図的な記事は、アカデミック エッセイの執筆に値するものです。

2. 調査したポイントに関するエッセイを作成する

論文を書き終えたら、エッセイの作業を開始できます。 この展開には、エッセイの主要なサポート ポイントが含まれ、それがエッセイの本体の足場になります。 それは、エッセイの背後にあるアイデアをサポートする理論的な問題とともに、強力で機知に富んだ論文の前景を形成します。

3. 説得力のある導入と結論

学術的なエッセイの執筆では、完全な紹介を伴う冒頭の声明により、執筆が双方にとって有利な状況になります。 アカデミックなエッセイを書こうとしている学生は、辛辣で不安定な言葉ではない言葉を飲み干すべきです。 それでも、明確な冒頭としっかりとした結論は、あなたのエッセイを他のエッセイより際立たせます.

4. 議論と証拠を批判的に分析する

ソース:pexels.com

良いエッセイを書くときは、主な主張を念頭に置いてください。 興味深いサイドノートに迷い込みたくなるかもしれませんが、そうすると文章が簡潔ではなくなります。 エッセイの証拠を常に調べて、「これは私の論文を直接サポートしているか?」と自問してください。 証拠を評価するときは、批判的かつ徹底的に行ってください。 あなたは自分の論文を裏付けるために、最も信頼できる研究を利用したいと考えています。 主張を裏付ける証拠を提示するだけでは十分ではありません。 優れたライターは、証拠が適切で役立つ理由も説明する必要があります。

5. 研究を裏付ける結論の書き方を理解する

結論は、エッセイの書き方で見落とされがちな側面です。 あなたの決定は、あなたのすべての研究を結び付け、あなたの論文を証明します。 の焼き直しであってはならない あなたの紹介 またはあなたの論文のカーボンコピー。

確固たる結論は、エッセイの本文で議論された重要な証拠を要約したものです。 それを論文に直接結び付けて、証拠があなたの研究の中心的な議論をどのように証明または反証するかを示します。 無数の優れた記事が書かれていて、あいまいで表現が不十分な結論によって脱線するだけです。 次の論文をその XNUMX つにしないでください。

6. 自分の主張を裏付ける強力な論文を作成する

エッセイの中心的な柱は論文です。 特定のアイデアを選択すると、重要な意見を裏付ける議論を展開することができます。 比類のない経験やトピックに関する独自の視点について書くことを検討してください。 あなたの論文は、明確かつ論理的であると同時に、議論の余地があるものでなければなりません。 そうでなければ、説得力のある議論でそれを裏付けることは難しいかもしれません.

7. 興味をそそる冒頭の段落を作成する

ソース:pexels.com

どのようにエッセイを書き始めたとしても、読者の興味をすぐに惹きつけることを目指した方が効果的です。 冒頭のパラグラフが読者の注意を引き付けず、脳の関心を引くことができなかった場合、エッセイが始まる前に説得の試みが失敗する可能性があります。

8. エッセイの編集と校正を忘れない

優れたライターなら誰でも、書くことは本質的に書き直すことだと言うでしょう。 優れたアカデミック エッセイは、それが発展するにつれて必然的にいくつかのドラフトを通過します。 最終ドラフトに到達したら、可能な限り完璧に近づけるようにします。 エッセイを徹底的な編集および校正プロセスにかける必要があります。 言い換えれば、修正するために必要な回数だけ論文を読まなければなりません。 文法/句読点の誤り またはタイプミス。

9. 本文で強力で関連性のある議論を構築する

論文の本文のすべての文は、論文を説明し、裏付けるものでなければなりません。 アカデミック エッセイにどの程度の証拠を含めるかを決定するための経験則として、少なくとも XNUMX つの主な裏付けとなる議論があります。 これらの主な裏付けとなる議論は、関連する事実、図、例、類推、および観察の形での証拠を必要とします。 これを達成するには、適切な調査を行う必要があります。 研究活動を整理するのに役立つ、優れた研究課題のリストを作成することをお勧めします。

10.フォーマットを決める

ソース:pexels.com

エッセイの最終的な形は、使用するフォーマットに大きく影響されます。 これらの形式は、大文字からすべてを管理します 引用元のルール. 教授は、論文の特定のフォームを要求することがよくあります。 そうでない場合は、フィールドに最も適した形式を選択する必要があります。

結論

アカデミック エッセイを書くにはいくつかの基本的な手順がありますが、直線的なプロセスではありません。 エッセイを書くとき、何度か段階を踏むことがあります。 たとえば、別の有効なテキストを見つけた場合は、読書とメモ取りの段階に戻るか、特定の情報を見つけるために読み直すことができます。

全体として、学術論文の執筆に関する上記の XNUMX のヒントに従うことで、議論や研究の可能性を高めることができる学術的卓越性の有意義で法的な文書を少なくとも作成できることを確信できます。 自分の意見を議論的な物語で伝える際には、誰もが理解できる中立的で簡潔な点も含める必要があることに注意する必要があります。