かんなを利用する方法: かんなを最大限に活用する – 2022 ガイド

0
15

パワープレーナーまたは電気プレーナーは、木材の成形と削りに使用される単純なツールであり、プレーナーの興味深い機能は、ジョイナー、ベルトサンダー、ハンドカンナと同じように木材を成形および削ることです。

これが、木工職人が使用できる最も簡単でシンプルな木工用ツールの XNUMX つである理由です。かんなの記事を利用して、かんなを最大限に活用する方法の簡単な手順を示すことができます。

かんなはドアを簡単に閉めることができ、ジョイストを水平にし、いくつかの建築プロジェクトの実行に使用できます。

興味深い読み物ステンレス鋼の切り方

かんなの使い方

改造にかんなを使用する場合は、最初に直定規を使用して床根太を水平にするときに根太の不規則性をマークし、その後、低い場所にラベルを付けることができます.

安定した作業台を設置し、梁が最終的に平らになるまでスポットを剃り続ける必要があります。 この時点で、新しいシーリングの準備が整いました。このツールには、調整可能なチップ デフレクターと呼ばれる機能があり、チップの流れが顔に当たったり影響したりしないようにします。

ハンド プレーンと同じように、電気かんなまたはパワーかんなは、ソール プレートまたは靴に乗るように設計されており、ジョイントと同じように、かんなにもカッター ヘッドに既に取り付けられている刃が付いています。

また、約20,000 rpmで回転できるドラムを持つこともでき、フロントハンドグリップは深さ調整ゲージの形としても使用できます. 設定が組み込まれているこのゲージは前後に動くように設計されているため、フロントプレーナーシューも上下に動くように推進します。

希望する切り込みの深さを設定できます。これは、達成したい実際の深さに依存します。また、鉋ツールが多くの木を取り除くように機能することを知っておくことも興味深いでしょう。ベルトサンダーで作業する場合。

このツールから最高のパフォーマンスを得る最良の方法の XNUMX つは、プレーナーを保持して押す最良の方法を見つけ出すことです。また、体の適切なバランスをとることで、最高の結果が得られることも保証されます。

トレンディな投稿フォーマイカの切り方

ここで体のバランスを取るということは、両足が離され、完全なツール パスで快適に感じるように足を配置することを意味します。

ただし、プレーナーの各パスは、手の圧力とバランスの間のリズムについて話しているだけです. 以下に、知っておくべきヒントをいくつか示します。

  • かんなの前部シューは、刃がワークに接触しないように木材に平らに置く必要があります
  • プレーナーツールを起動し、フルスピードになることを確認してから、このツールで作業を開始します。シンプルで安定した前進運動です
  • かんなが作業中の材料に入るときに、フロントグリップは初期圧力を維持する必要があります
  • かんなが作業中の材料と接触するときと同じように、フロントノブとツールハンドルの間にバランスの取れた圧力が必要です
  • かんなを作業から外すときは、後部ハンドルをつかむことができるように、より大きな制御が適用されていることを確認してください。 また、パスの終わりにオーバーリーチしないように注意する必要があります。これは、フロント シューが木材から落ちてしまい、最終的にブレードが木材を不均一にカットする原因となるからです。

ただし、プレーナーを使用する際には、いくつかの安全上のヒントを考慮する必要があります。これは、ほとんどの電動工具を使用する場合に非常に一般的です。

すべての電動工具と同様に、作業中は耳と目を保護する保護具を着用して、耳と目を十分に保護する必要があります。

プレーナーの電源を切るときは、スピン カッティング ヘッドの回転が最終的に停止する間、プレーナーのフロント シューを上に向けて、ツール、刃、および自分自身が保護されていることを確認してください。

安全に作業するためのもう XNUMX つの手段でもあるため、XNUMX つのはしごの間に歩行板を配置することも非常に必要ですが、はしごは切断が行われている方向と一直線になるように配置する必要があります。

これらすべてを適切に配置でき、このツールを非常に迅速かつ簡単に操作できる場合は、隣人や友人にかんなを貸すことに我慢する準備ができているはずです.

パワープレーナーも救命ツールと見なされています。これは、XNUMX つだけでなくさまざまなタスクで使用できるためです。

手すりの面取り、フレームのレベリング、およびエッジが滑らかであることを確認するために、かんなを使用できます。 さらに、適切な種類のアクセサリとスキルがあれば、かんなを使用して、キャビネットの落書き、ドアの縁の面取り、木製トリムの先細りと成形など、より深刻な作業を行うこともできます。

これが、この興味深い記事を手元に置いて、プレーナーを利用できるほとんどのアプリケーション、プレーナーの使用方法、および作業時に必要な安全対策に慣れることができる理由です.

これをチェックPVA接着剤とその用途

かんなで作業するときに知っておくべきことの XNUMX つは、選択した深さの設定とこのツールを押す方法によって、作業がどれだけスムーズになるかが最終的に決まるということです。 しかし、別の問題はかんなの刃にあり、傷がついたり鈍くなったりすると、交換する必要があることを意味します。

かんなの刃が鈍くなると、部屋全体に煙が立ちこめ、削りくずが木くずとして出てくる代わりに、おがくずが見えてしまいます。 ブレードに傷が付くと、作業中の木材に溝ができます。

ほとんどのパワープレーナーには、砥石を使用して再び研ぐことができるXNUMXつのフルサイズのブレードが付属していますが、カーバイド、両刃、ミニ使い捨てブレードを使用するプレーナーもあります. 他のプレーナーには、ミニブレードの位置を修正したり、取り付けドラムのセットプレートが適切に配置されていることを確認したりするのに使用できるプラスチック製のゲージベースも付属しています。 以下は、プレーナーの鈍い刃を交換する際に慎重に検討すべきその他のヒントです。

  • ブレードの交換、修理、またはプレーナーの調整を行う前に、まずプレーナーのプラグが抜かれていることを確認してください
  • 刃が鈍くなりすぎる前に刃を交換してください。そうしないと、細かい粉や煙が発生し、プレーナーのモーターに害を及ぼす可能性があります。
  • カッターヘッドのバランスを維持し、高品質のカットを得るのに役立つため、両方のブレードを同時に交換または再研磨する必要があります。
  • プレーナーは作業中に振動します。これは、ブレードがカッター ヘッドに正しく取り付けられていないためです。 プレーナーの実行を開始する前に、取り付けボルトの締まり具合を確認してください

前に説明した安全上の注意事項と方法に加えて、かんなで作業するときに必要なアイテムがいくつかあります。これらのツールには、ちり取り、防塵マスク、延長コード、目の保護、そしてもちろん聴覚保護があります。

関連のポストラミネートカウンタートップをカットする方法